最近のトラックバック

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

試験結果は不合格(涙)

9月に受けた、診療情報管理士(HIM)の卒業試験(認定試験)の結果がかえってきました。残念ながら、不合格。12科目中、1科目だけ合格点に満たず・・・。

不合格の1科目は、次の卒業試験時(来年2月)に、再受験して合格点をとれば、認定を受けることができます。

う〜ん。。。
合格しているという自信はなかったのだけど、ひょっとして、合格してたりして〜なんて心密かに思っていたこと。
その他の11科目が、とても成績が良かったこと・・・合格点60点に対して、すべて80点以上、100点満点も3科目あったこと。
試験勉強、充分とはいえないまでも、仕事も家事もがんばりつつ、自分なりに精一杯がんばったので、とても充実感があったこと。

そんなこんなで、一発合格でなかったことは、とても残念です。
2月の試験に向けて、出直しです。がんばります。

はじめてのコーヒーショップ

駅近くに、新しいコーヒーショップができているのを見つけて、いってみた。
スタバのように、カウンターでオーダーするタイプかと思ったら、普通の喫茶店タイプで、お店に入ると座席に案内してくれ、お冷や&おしぼり(使い捨てタイプだけど)を出して、オーダーを聞きに来てくれる。

ひとりだったけど、テーブル席どうぞ、と案内してくれたけど、街路に面したカウンター席がいいと、そちらに座らせてもらう。

アメリカンコーヒーを注文する。
コーヒーショップなので、まさか「レギュラー薄めてアメリカン」ではないと思うけど、あまり、いいお味(香り)ではなかった。。。

それでもまあ、街行く人を眺めながら、ゆっくりのんびりしていると、ふと、たばこのにおい・・・。
振り向くと、少し離れたテーブル席で、たばこ吸ってる女性がいた。小さな子供を二人連れた若いお母さん。ま、誰がどんな風にたばこ吸おうが、勝手なんだけど、たばこの煙にまみれながらも、無邪気な子供たちがかわいそうだと思った。家でもきっと、当たり前にたばこの煙を吸わされているんだろうな。。。

で、改めて周りの席を見回すと、どうやらこのお店、喫煙席、禁煙席の区別がないようで。。。偶然にも、私が座ったカウンター席の両サイドの方は、非喫煙者だったので、気づかなかったのね。ふと見ると、カウンターに、ちゃんと灰皿が置かれていました。はじめに案内されかけたテーブル席のほうは、結構喫煙している人がいて、、、危ないとこだったな、、、と改めて思う。

帰りがけに、レジでお金を払いながらたずねてみた。
「このお店は、喫煙と禁煙の席を分けていないんですね?」
「そうなんです。申し訳ございません。。。」

ほんとに申し訳なさそうに言う彼は、非喫煙者なのかも知れない、と思った。

そうですかー。と答えてお店を後にしたけど、もう、二度と行かない。。。。きっと。

Macだと

051022_mac

右側のサイドバーは、これだけしか表示されません。
ちなみに、PowerMacG3、OS9.2.2 です。

----
2005.11.26 追記
いろいろと試してみたいことがあって、標準テンプレートベースに変更しました。Macでもすべて表示されているはず・・・です。

ものの選びかた

我が家の車はスバルのインプレッサという車です。私は、10年来のペーパードライバーで、もうすでに車の運転など怖くてできない状況だし、車のあれこれについても興味なく、車のことは、すべて彼におまかせ。 最近、新しいインプレッサが発売になったようで、テレビCMでも流れています。彼は、あまり興味を示していないようなので、「新しいの出たのに欲しいって言わないのね?」って聞いてみたところ、「高いから」という返事。 一番いいやつやったら、300万超えるからなあ。。。 一番いいやつじゃないと、あかんのん? そこから、ものの選び方について、いろいろ議論。 彼は、「買うんならいちばんいいやつ」 横に同じ車が並んだときに、横の車のほうがいいやつやったら、悔しいやん。ひとつ型が古くてもいいから、そのときの一番いいやつを中古で買うほうがいい。 バイクは? 一番いいやつじゃないやん? そのかわり、他にほとんど乗ってる人いてないやん。 うん。たしかに、黄色いイタリア製のイタルジェットと、赤いスペイン製のガスガス。どちらも、町で見かけたことないねぇ。 安心のホンダは?バイク便のお兄ちゃんと一緒やん(笑) あれは、問題外(笑) う〜ん。ユニクロみたいなもんですか? そういえば、アップルの新製品が出たときに、アップルストアでシュミレーションするとき、必ず最上位機種選んでるよね。Macのノートを買うなら、iBookじゃなくて、PowerBookでないと! 一番最近の彼の買い物は、ネットオークションで購入した、デジタル一眼レフカメラ。中古というより、新古品かな? 私なら・・・一番いいやつじゃなくて、そこそこのでいいけど、型遅れでなくて新しいのが欲しい。少し値が張っても中古でなく新品が欲しい。 さすがに、家は、新品には手が届かず、中古品だけどね。

みつぼし庵

051017_mitu01
みつぼし庵」で癒しの時間をすごしてきました。

築260年の民家に手を加えたという「みつぼし庵」は、 外観を見るだけですでに癒される。そして中に入ると、木の息づかいが聞こえてきそうな、落ち着きのある昔ながらの日本家屋です。

電話で予約していたのは、足つぼマッサージ、気功療法、薬草風呂、昼食、というみつぼしコースですが、昼食を一度食べてみたかった「ぼたん鍋」に変更していただき、さらに5周年記念で期間限定のバリエステ。かなり盛りだくさんです。

到着して、温かいお茶をいただいた後、まずはバリエステ。バリのロンボク島から来日しているエステティシャンの女性は、日本語がとても上手。4種類の香りの中からお気に入りをひとつ選んで、その香りに包まれながら、90分のオイルマッサージ。睡眠と覚醒の間をゆらゆらと漂うような幻想的なひととき。

エステの後は、お風呂。
バリエステのいい香りを洗い流すのはもったいないなと思いつつ、薬草風呂に。少しぬる目のお湯にゆったりつかると、これまた夢心地。ぽよ〜んと、何も考えずに、ただただ、リラックス。

051017_mitu02

お風呂の後は、母屋に戻って、囲炉裏端でお昼ごはん。
まずはじめに出てきたのが、柿フライ。果物の柿を揚げて「柿フライ」だなんて、遊び心満点。付け合せに、たくあんにクリームチーズをはさんだ一品。これまた、不思議なおいしさでした。旬の美味しさを活かして、工夫を凝らしたお料理は、目にも舌にも美味しいのです。

その後、いよいよぼたん鍋。囲炉裏に備長炭で火をおこし、まずは、しし肉のしゃぶしゃぶ。しし肉ってもっと臭みがあるのかと思っていたけど、意外にも臭みはなく、とてもおいしい。臭みのない秘密は、いのししの、メスの処女のお肉なのだそうです。メスはメスでも、出産したあとはくさみがついてしまうそうなのですが。。。。雌雄の区別はともかく、処女かどうかなんてどうやって見分けるのだろう?でも、猟師さんにはわかるのですって。ふぅ〜ん。

051017_mitu03


しゃぶしゃぶの後は、お味噌を入れて味噌なべでいただきます。お野菜は、自家製で、びっくりするほど美味しい。ひとつひとつのお野菜が、それぞれしっかりお野菜の味がする。うまく表現できないんだけど、ふだん都会で食べてるお野菜って、本来の味や香りが失われているのだなと実感しました。

最後におうどんと、卵を半熟でいただきますが、もう、このころには、ぱしぱしに、お腹いっぱい。その上、賄い用だという栗ごはんもご相伴させていただきました。お米も自家製で、ほんとに美味しいのです。お腹いっぱ〜いとか言いつつ、ついつい、いただいてしまうのです。

そして、昼食の後は、足つぼマッサージと、気功療法。
足つぼのほうは、文字通りの、イタギモ状態。
そして、初体験の気功療法。これもまた、不思議な体験でした。かなり照明を落とした部屋で、「眠ってていいですよ」と、ゆっくりゆっくり気をおくっていただくのです。ここでもまた、夢と現をさまよいつつの不思議空間。「今すぐに効果は出ませんが、明日の朝には軽くなってますよ」ふぅん、なるほど、たのしみ。。。

051017_mitu04


そんな風に半日をみつぼし庵で過ごしました。
家族のように迎えていただいて、家族のようにもてなしていただいて、ゆったり、ほっこりと時間が流れていく、そんなみつぼし庵です。

ここは、私たちのような日帰りコースだけでなく、宿泊もできるようになっています。次は、泊まりで出かけたい。そして、季節をとても大切にして、季節の恵みをふんだんに感じさせていただけるので、ちがった季節のみつぼし庵にまた訪れてみたいものです。

帰りがけに、草花をきれいにラッピングしていただきました。家の中で、もうしばらく、癒しの時間が過ごせそうです。

リンク:みつぼし庵


上等カレー

051012_curry2
「上等カレー」というネーミングが変わっているな、と思って、おそるおそる入ってみた日から、どこよりもここのカレーが大好きです。

大好きな、ザ・シンフォニーホールのすぐ近くにあって、コンサートの前や後に、必ず食べることにしています。クラシックコンサートとカレーって、ミスマッチかも知れませんが、ほんとにほんとに美味しいんだもの。

彼もここのカレーを気に入ってくれてるけど、お店の定休日が彼の休日と同じ月曜日なので、なかなか行くチャンスがないのです。この日は、たまたま、月曜日が祝日で彼は火曜日に振り替え休日。久しぶりにふたりで出かけました。

051012_curry1

この日食べたのは、「とんかつカレー」
ここのカレーは、一口目が、とてもフルーティーで、その後ほど良い辛さが押し寄せてくる不思議なカレー、トンカツは、揚げたてサクサクです。お持ち帰りもあります。

ここは、ほんとに私が自信を持ってお勧めできるカレーやさんです。どうぞおためしあれ。。。


リンク: 本店上等カレー.


----2006.8.23 追記

久しぶりに食べに行きました。少し味が落ちてしまったように感じました。トンカツも小さくなったかな?ルーの量も少なくなってしまったような。。。。残念です。「上等カレー」で検索して見に来てくださる方が多いようですので、あえて追記させていただきました。
 
  

ピーマンのオリーブオイル和え

051012_pman 言い訳はいろいろあるのですが、ともかく私は料理がほとんどできません。材料を切るだけ、ゆでるだけのサラダは、さすがに料理といえないですし。 そんな私の、チャレンジ・クッキング。そんな感じでC.Cookingというカテゴリを作ってみました。 大きくてきれいなピーマンが、6個で99円。 お料理本の超簡単レシピで作りました。 ピーマンを、焼いて、皮をむいて、オリーブオイルであえるだけ。レシピには、スライスしたにんにくを香りづけに使っていましたが、にんにくはNGなので、バジルで香りづけ。 あまくて柔らかくて、われながら、Good!Good!

韓流ドラマにはまる

世間より少し遅れて、わが家は韓流ドラマにはまってます。

韓流といえば「冬のソナタ」
NHKで放送してたるとき、全然興味なくって、たまたま土曜日の夜チャンネルを回すとやっているのを、ストーリーもわからず見ていたりした、という程度。

その次の「美しき日々」は、偶然にも第1回目の放送を見てしまったので、(これも、チャンネルを回した偶然によるもの)けっこう見ました。まだまだ韓流初心者の私たちはなかなか、役名がおぼえられず、チェ・ジウを「ユジンさん」とか、呼ぶ始末(笑)。

「美しき日々」をけっこう楽しんだあと、やっぱ基本は冬のソナタ?と、DVDで見ることに。。。そのころ、平行して、「オールイン」がスタート。相変わらず、イ・ビョンホンを「室長(美しき日々の役柄)」と呼んだり、パク・ソルミを「チェリンさん」と呼んでみたり。。。

ここで、好みのちがいが明確に・・・!
冬のソナタを見ながら、うとうと居眠りしてしまう彼と、オールインを見ながら、つい眠りに落ちてしまう私。分かりやすい、私たち・・・(笑)

先週、オールインの最終回。さすがに、眠らずに最後まで見届けました。
さて、今夜から始まる、宮廷のなんとかっていうのは、どちらがはまって、どちらが居眠りするのでしょうね。。。

リンク: NHK海外ドラマホームページ.

読むだけで? その3 朝ごはん

朝ごはんをフルーツに変えるというのが、ダイエットセラピーの実践第一歩です。

それまでの朝ごはんは、パン、サラダ、牛乳に、時にデザートにフルーツといった内容で、毎朝、おなかいっぱい食べていました。しっかり食べておかないと、お昼休み前に、お腹がなるのって恥ずかしいし、夜と違って、これから活動するので、きっちり消費できるはずだと、自分に言い聞かせて。結婚前はパンではなくて、白ごはんでした。彼がパンがいいというので、一緒に住むようになってからパンに変えました。

さて、朝ごはんのフルーツですが、今は、サラダとフルーツです。夕食を一緒に食べない我が家では、二人で一緒に食べるのは朝ごはんだけなので、その時間を大切に、せめてサラダだけでも手作りでと、続けてきたのを、あっさりやめてしまうのに、躊躇してます。野菜嫌いの彼は、朝食からサラダがなくなると期待したようだけど、そうはいかないよん。

さて、フルーツとサラダの朝ごはん。意外にも、お昼休み前のいいタイミングで、お腹がすいてきます。今までは、お腹が空ききらないままに、時間だからと、お昼ごはんを食べていたことに気づきました。朝ごはん、ついつい食べ過ぎていたんですね。。。

お腹が空いてから、食べる。
いい傾向です。

これで、夜のおやつがなくなれば最高なんだけどね。。。

大規模修繕委員会

住み始めて3年になる我が家は、築9年のマンション。
来年が10年目の大規模修繕工事。そして、昨年結成された大規模修繕委員会の委員に、選ばれています。選ばれているといっても、全戸数20数軒の、小さなマンションなので、3軒に1軒くらいは選ばれるわけです。

管理組合の理事なども、まだ経験していないけど、もう近々に回ってくることでしょう。面倒だなとは思うけれども、順番なので致し方なし、とあきらめるしかなく、幸いにも、このマンションの住人さん、変人、奇人はいらっしゃらないようなので(まだ知らないだけかもしれないけど)、それなりに協力的にやっていけそうです。

さて、大規模修繕委員会ですが、会議は平日の夜に開かれるので、必然的に彼ではなく私が参加することに。あんまり張り切りすぎて、いろいろ役を押し付けられるのも困るし、かといって、非協力的な態度でにらまれるのもつらいので(相当な小市民)、そこそこの態度、を心がけています。

なが〜いものに巻かれたい〜(笑)

昨年の委員会スタート当初に行われたアンケートに、「宅配BOXを設置してほしい」などと、書いてみたのですが、予算とスペースと両方の関係で、却下されています。Dinksな我が家では、宅配の荷物を受け取るのに一苦労なので、とても残念です。もしも次に引越しする機会あれば、この機能は必須条件でと思っているのです。

昨夜の会議では、いよいよ工事内容が決まり、業者の選定に。6社ほど名前の挙がっていた中から3社に選定。この3社に合見積もりをお願いし、いよいよ次回の会議では、3社によるプレゼンテーション。建築や工事のことは、さっぱりわかりませんから、予定通り、そこそこの態度をkeepして終了。
12月はじめ頃に行われる予定のプレゼンが楽しみです。

ふたりの韓流ドラマ

世間より少し遅れて、わが家は韓流ドラマにはまってます。 韓流といえば「冬のソナタ」 NHKで放送してたるとき、全然興味なくって、たまたま土曜日の夜チャンネルを回すとやっているのを、ストーリーもわからず見ていたりした、という程度。 その次の「美しき日々」は、偶然にも第1回目の放送を見てしまったので、(これも、チャンネルを回した偶然によるもの)けっこう見ました。まだまだ韓流初心者の私たちはなかなか、役名がおぼえられず、チェ・ジウを「ユジンさん」とか、呼ぶ始末(笑)。 「美しき日々」をけっこう楽しんだわたしたちは、やっぱ基本は冬のソナタ?と、DVDで見ることに。。。 そのころ、平行して、「オールイン」がスタート。相変わらず、イ・ビョンホンを「室長(美しき日々の役柄)」と呼んだり、パク・ソルミを「チェリンさん」と呼んでみたり。。。 ここで、彼と私の好みのちがいが明確に・・・! 冬のソナタを見ながら、うとうと居眠りしてしまう彼と、オールインを見ながら、つい眠りに落ちてしまう私。分かりやすい、私たち・・・(笑) 今日は、オールインの最終回。さすがに私も、眠らずに最後まで見届けました。 そして、冬のソナタは、DVDあと1枚というところまで来たものの、前回彼が眠ってしまったところを復習してくれないので、最後の1枚に突入できなくて、私はいらいら〜。 さて、来週から始まる、宮廷のなんとかっていうのは、どちらがはまって、どちらが居眠りするのでしょうね。。。 リンク: NHK海外ドラマホームページ.

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ