最近のトラックバック

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ひさしぶり映画

ひさしぶり映画

インディアナ・ジョーンズ。見てきました。

「ありえなーい」の連続で、楽しかったです。

お兄ちゃん、かっこよかったですよ。シャイア・ラブーフくんっていうのかな?(間違ってたら失礼。)

いや、もちろん、ハリソン君も、かっこいいですけどね。

夏ははも!

夏ははも!

かなり、ピンぼけてしまいました。ケイタイからなので失礼。

おうちの近くのおでんやさんのママと、お店で出会う方たちと一緒に、こうして出かけるのは3度目になります。年齢や、生活もぜんぜん違うので、日常のこと、仕事のことなんかもはるかかなたにおいといて。美味しいさかな、美味しいお酒を楽しみます。

この日は、お造りのほかに、かつおのたたき、茹でたずわいガニ、焼き魚は甘鯛、煮魚は・・・なんだっけ(笑)

とても気持ちよく酔いました。幸せです。

ルノワール+ルノワール

ルノワール+ルノワアール

画家のルノワールと映画監督のルノワール。家族の愛です。

土曜日の美術館は、けっこうな人出で、あまり自分のペースで見てまわることができませんでしたが、最近、増えているのか、「企画」ものの展示。楽しい趣向でした。

ルノワールさんに、ちょっと、近づいた気分。

 

京都・鴨川

080706_kamo_2

何十年ぶりかで鴨川沿いを歩いてみた。カップルには早すぎる時間。

京都・鴨川

川沿いに並んでいるのは「床」。夜になると明かりがともって、風情あることでしょう。鴨川の「床」は、行ったことないですが、こうところせましな感じを見ると、どうでしょうねぇ。。。

 

福龍さんのソースカツ丼_コマガネノオモイデ

駒ヶ根市はなぜか「ソースカツ丼」の町。
なんで?はさておき、名物ならば、食べておかないとね。

町中の飲食店に、ソースカツ丼のメニューがあるような街で、どのお店を選べばいいのか・・・?なんて思っていた時に、駒ケ岳ロープウェイからの帰り道のバスで、グループで来られていたおじさんたちの会話に、耳ダンボ。

工業高校の近くの「ふくりゅう」は、美味い!

それいただき! で行って来ました。

なんと中華料理屋さん。中華やさんらしく、中華スープつきのソースカツ丼。福井のソースカツ丼は、ウスターソース系ですが、こちらは、ややとろみがかった甘みのあるソース。ほっぺたが、ニッコリします。

つまり、とっても美味しかったです~。

閉店時間ぎりぎりに滑り込んだにもかかわらず、とっても愛想よく対応して下さった、福龍の店主ご夫妻も、とてもいい感じでした。

080626_fukuryu

リンク:駒ヶ根ソースカツ丼
リンク:福龍さんのホームページ

クロックスのうちわ

クロックスも置いている雑貨屋さん、kamperaさんで、メール会員に登録したら、このうちわをいただきました。ぐしゃっと小さく丸めて、小さな袋に収納できるので、持ち歩きに便利。ついつい派手な色のを選んでしまいました。

ところで、「america's」って・・・文法的にどうよ(笑)

080626_crocs

クロックスの長靴を偵察するつもりが、もっとチープでかわいい長靴を発見。サイズがなくて、お取り寄せしてもらうことに。届くのが楽しみです。

そうそう、前の記事の、かもめのモビールも、このお店です。

リンク: 『 k a m p e r a (カンペラ) 』 

 

カモメのモビール

カモメのモビール

なんと80円なり。

ドアチャイムになっていまして、とてもきれいな音がなります。玄関ドアには、吸盤が吸いついてくれなかったので、何となく、プリンタに貼り付けてみました。

 

SCSIにはターミネータ

SCSIにはターミネータ

とっても久しぶりにSCSI機器をさわった。

MOの調子が悪いというので、いろいろさわってみたところ、ドライブに問題があるようで、すでに相当な年代ものなので、あっさりとあきらめて、余っていたMOドライブに付けかえることに。
(SCSI接続のMOドライブが余っているというのも・・・・笑)

PCの後ろに回って、配線確認しながら、気がついた。

そうだ。SCSIはディジーチェーンの最後にターミネータをつけるのだったですね。そんなことも、すっかり忘れてた…。

このマシンの電源ボタンの横には、「先にMOドライブの電源を入れましょう」とテプラ。

「周辺機器から電源をいれて、最後PC本体の電源を入れましょう」

なんてこと、いまだに守っている人、私ぐらいかも(笑)

レガシィ・レガシィ・・・・

 

近ごろ気になるレーシック

ここ1~2年くらい?まわりにも、この手術を受けた人、考えてる人がいたりして、にわかに気になっています。

高校1年生のときからのコンタクトレンズ生活。その当時に比べたら、レンズも安くなったし、手入れも楽になりました。

朝、目覚めたときに、何もかもがはっきり見えたなら、どんなにすばらしいかと、想像してみたりする。

眼のために今までどれくらいお金をかけてきたかと思うと、結構すごい金額になっているはず。(高校生のときは親に買ってもらってましたが)
この先も、必要なお金なら、前払いする気持ちで一気に手術してしまうというのも、いいかな、と思う。

「まだ歴史が浅いため、長期に渡る安全性が確立されていない。」この言葉だけが気にかかって、踏み出せずにいます。

リンク: レーシック - Wikipedia.

 

ザ・ニュースペーパー

ザ・ニュースペーパー

めちゃ笑いました。涙がでるほど。

弥生式住居

弥生式住居

養命酒駒ヶ根工場にきてます。このあと工場見学。

駒ヶ岳

駒ヶ岳

ロープウェイの下の駅、しらび平で森林浴。

鳥の鳴く声と、葉の揺れる音。マイナスイオンのシャワーでリフレッシュ。

 

駒ヶ岳ロープウェイ

駒ヶ岳ロープウェイ

標高2600メートル超の駒ケ岳には、まだ雪が残っています。

雲ひとつない青空。私たち、ついてる!

ロープウェイの終点、千畳敷カールは、お花畑かと思いきや、まだまだ残雪踏み込めず。お花を見るなら、真夏くらいがいいようです。

 

やまぶきの杜

やまぶきの杜

ホテルやまぶき に宿泊。

こじんまりとしたお宿で、食事も美味しかったし、何よりスタッフの方々がとても親切で、心地よく過ごせました。

ホテルのすぐ前にある、「やまぶきの杜」を、朝ごはんの前にお散歩。

リンク:ホテルやまぶき

駒ヶ根高原美術館

駒ヶ根高原美術館

まず、建物がおしゃれ。とてもすてきなところです。

中の展示室も、工夫されていて、他にお客さんが居なくて貸しきり状態だったこともあるけど、とてもゆっくり見てまわることができました。

直島でおなじみの草間彌生さんのパンプキンと、そのほかの作品にも出会えました。

不思議と、メッセージがとてもわかりやすく伝わってくる作家さんが多くて、お気に入りの美術館になりました。また来たい、と、思います。なかなか来れませんけどね。

リンク:駒ヶ根高原美術館

 

馬籠

馬籠

中山道の石畳。
のどかです。

大きな川を渡ったりすることの少ない中山道は、姫君の旅に使われたのだとか。江戸から京へ、また、京から江戸へ、長すぎる道のりをお嫁に行くお姫様の気持ちって。。。

リンク:馬籠観光協会

月イチのテニス

先月に続いて、職場のテニスサークルに参加。
コート1面に、今日は10人ものメンバーが集まって、休憩多目ののんびりゆっくりテニス。かつての私なら、もっといっぱい打ちたい~と、ストレスたまるところだけど、体を動かすのも月イチになってしまった私には、ちょうどいいペース。

テニスは楽しいし、あーやっぱりスクール再開しようかなーって思うけど、無理せず、もうちょっと先のことにしたほうがよさそう。

青空。雲ひとつなく。

青空。雲ひとつなく。

梅雨は中やすみ。

びわ湖のかえりみち

いつもは膳所の駅までいって、ホールまで歩いていくのだけど、この日はお天気も悪く、先に琵琶湖ホテルに行くつもりだったので、大津駅からタクシー。

タクシーの運転手さんとの会話の中で、今日は、松山千春さんのコンサートなんですよ、という話になり、何時からですか?終わるの何時ごろですかね? 6時半スタートで、だいたい3時間くらい、9時半頃ですかねー。お天気も悪いし、タクシー来て下さいね~などなど。
タクシーの運転手さんいわく、コンサートがあれば、大津の駅まで乗せて戻って、3回くらいは往復しますね~とか。

で、予想どおりコンサートは9時半に終了。
幕が下りて、余韻に浸るまもなく、タクシー乗り場へ急いだ。タクシー、次々来るかと思いきや、2~3台出発した後に、パタッと途絶えてしまった。あと、3台目くらいのところで、長い待ち。前に並んでいた、女性2人が声をかけてくる。「大津駅までですよね?一緒のタクシーに乗りましょ。」あ、乗り合いですね。いいですねー。。。

そんなこんなで来たタクシーに乗り込む。
タクシーの運転手さんに、今日は何のコンサートですか?なんて聞かれながら、タクシーがなかなか来なくて、、、いつもなら次々来るのに、、、って聞いてみる。

運転手さんが、すかさず、マネージャーが悪いんですよ、ホールのマネージャーが・・・と話し始める。こういうホールの場合、ホールのマネージャーが、まもなく終了だと、タクシー側に連絡することで、いっせいに近くのタクシーが集まってくるらしい。たしかに、一時の混雑ですからね。くればお客さんはあるわけです。で、この日は、その連絡がなかったらしい。

行きのタクシーで、帰りもよろしくって、いったんですけどね、、、というと、乗り合いの女性たちも、同じように、行きのタクシーでそんな会話をしたのだと。ま、しょせん、お客さんの、たわごとですね(笑)

ちなみに乗り合いの女性2人は、二人連れかと思いきや、それぞれおひとりで来られていて、びわ湖ホールの前の大阪に2日連続行ったとか、この後福井も行くのだとか。へぇ~ほんまもんのファンですね~すごいですね~と、感心しきり。

もっとちなみに、大津の駅のホームで、電車を待っているときに話しかけてくださったおば様は、なんと札幌からお越しだとか! こっちは蒸し暑いですね~。ちょうど梅雨で、一番蒸し暑い時期なんですよ~。あぁ、北海道には梅雨はないから、さわやかよ~。って。

ホールのマネージャーのお仕事を学び、自分がいかテキトーなファンかを自覚した、びわ湖の帰り道。

 

おかしなニッポンの救急車

アメリカのテレビドラマを見ていて、思わず巻き戻して、一時停止して、写真を撮ってしまいました。

ALIAS」という、テレビドラマシリーズ。
CIAのエージェントの主人公が、東京にやってくる設定。
東京の銀座にあるという旅館(料亭?)の設定も、後楽園か兼六園か、みたいな庭園の設定に、苦笑しましたが、それよりもこのシーン。

080609_ailas

白×赤の車は、救急車、という設定です。

注目の部分をちょっと拡大。

080609_ailas2

チヘソユフチホテナ ???

何を、どう間違えたら、こんな言葉になってしまうのか???

 

松山千春コンサート 2008年春

松山千春コンサート

in びわ湖ホール。

ロビーに、こんな風に、千春カンバンが並べてあって、これは撮影自由。これを接写すると、ナマ写真っぽく撮れるのか・・・? 結構な人だかりで、正面に割り込めず(笑)

少し早めに着いたので、琵琶湖ホテル前の湖岸から、琵琶湖ホールを撮ってみました。曇り空がどんより。

080605_biwako

さて、コンサートは、よく笑って、よく笑って、よく笑って・・・・ん?

毎回、新しい歌と古い歌、取り混ぜて歌われますが、今日は「良生ちゃんとポプラ並木」があまりに懐かしくて。

びわ湖ホールは2年半ぶり、だとか。その、2年半前、行きましたよ、たしか。大好きなびわ湖ホール。また来てくださいな。

今年はおそろいクロックス

080602_crocs2

特にクロックスマニアというわけではありません。
雨の日には、約25分歩いて通勤するので、長靴が欲しいなぁなんて話をしていて、そうだクロックス!とか言いながら、クロックスのホームページを見ていました。

ふうん、今年の新作ね~なんて、長靴そっちのけで眺めていたところ、彼がクロックスモードに入ってしまった(笑)

翌日職場近くのクロックスのお店に行って、左のクロックス、私に買ってきてくれた。これは「cyprus(さいぷらす)」というモデル。「cotton candy」というピンク色が、甘くてかわいい。

そのまた翌日に、彼が自分用に買ってきたのが、右のクロックス。「sporty adara(スポーティアダラ」という、実は女性用モデル。彼にしては、地味な感じですが、どうやらこの色のパターンは、日本未発売のモデルらしい。たしかに、この色、ホームページにも、お店でもらってきたカタログにも、載っていない。どうも彼は「限定」とか「レア」に弱い。。。。

かくして、、、この夏は、“おそろ”です。


で、長靴は・・・・えーっと・・・・。

 

 

クロックスのケイタイいれ

クロックスのケイマンの形をした、ケイタイのケース。

080601_crocs

私の携帯電話はちょっと大きくて、これに入れると、ぴったりすぎて出せなくなってしまうのでNG。では、というわけで、iPodを入れてみました。ちょっと大きすぎ、、、。

夏になると着る服にポケットが少なくなるので、首からかけてみる?
あー。クリップのiPodが欲しいかも(笑)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ