最近のトラックバック

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

鞆の浦散策

鞆の浦散策

風情ある石畳みと寂れた漁業の町。

4_2

有名な常夜灯。
映画のロケ地にもなってるとか。

鞆の浦散策

海沿いから、いきなり山が始まる。

坂が多くて、生活はたいへんそうかな。

1_3_2

  

仙酔島めぐり

平成いろは丸に乗って仙酔島へ

仙酔島めぐり


仙酔島めぐり

どこまでも穏やかの瀬戸内の海。

仙酔島めぐり

白いきのこ。いかにも食べられなさそう。

仙酔島めぐり

 

鴎風亭の朝

朝から展望露天風呂。
昨夜と、男女のお風呂が入れ替わって、
こちらは、ほんとに海にせり出す露天風呂。

屋上露天風呂付き、のコースのお客さんのみ、ということで、
広くはないけど、人も少なく、ほとんど貸し切りのように。

鴎風亭の朝

そして豪華な朝ごはん。
盛り付けが、なかなか素敵です。

鴎風亭の朝

とても美味しかった、梅がゆ。

鴎風亭の朝


鞆の浦の晩ごはん

目の前は漁船のマリーナ。
素敵な夕食のお部屋。

鞆の浦の晩ごはん

瀬戸内といえば、海の幸。

鞆の浦の晩ごはん

海の幸満載のぜいたくごはん。

鞆の浦の晩ごはん

締めの鯛めしに、だしつゆをかけて、鯛茶漬け。
満腹だけど、食べなきゃ。

鞆の浦の晩ごはん

鞆の浦到着

ホテル鴎風亭さんにチェックイン。

まずはロビーラウンジで、ウエルカムドリンク。
マスカットのジュース。

鞆の浦到着

お部屋からは、瀬戸内海。

鞆の浦到着

屋上展望露天風呂へ。
こじんまりと貸し切り気分。
夕焼けだと最高だな。
残念ながら曇り空、そしてこちらは東側。

鞆の浦到着


しまなみ海道因島

しまなみ海道因島大橋を渡って因島へ。

しまなみ海道因島

村上水軍城はまさかの木曜日休館。

しまなみ海道因島

そして白くていい風合いの大浜埼燈台へ。

2_2


しまなみ海道因島


尾道到着

尾道は坂の町。
階段上がって、踏切わたって、さらに階段が続く。
たいへんだなぁ。

4_3

お昼ごはんは尾道ラーメン。
コクのある醤油ラーメン。


尾道到着

デザートにアイスキャンデー屋さん。

尾道到着

お天気はまあまあ。
暑すぎなくてちょうどいい。

8月27日

そーっと過ぎていきます。

今年は8月らしくない、
台風と豪雨と、大気が不安定、な夏でした。

お礼のお手紙

お礼のお手紙

彼の勤務先からいただく奥さまボーナスのお礼のお手紙。
毎回気を遣います。
それほどネタもなく、少々マンネリ化。
大切なのは気持ちですからね。
ありがとうございます。

お試しケニア

ここのところタリーズ続きで、久しぶりにスターバックス。

お試しケニア

アイスコーヒー、「さっぱり」と「しっかり」の2種類。

飲んだ後にもしっかりした感じが、という言葉にひかれて、
しっかりの方を選んだら(名前、忘れましたけどね)、
さっぱりのケニアブレンドもぜひお試しを、といただきました。

コーヒーは好きだけど、
うんちくもないし、こだわりもない。
けど、お店のスタッフさんとの、ちょっとした会話が好き。
こういうところ、タリーズより、スターバックスだな。

 

にっこりのクリップ

先日、美術館のショップで見つけた、スマイルなクリップ。

にっこりのクリップ

にっこりでいきましょう。
って感じが超お気に入り。

美術館のショップって、こういう発見があるので、見逃せません。

母の誕生日

兄が帰省していたので、珍しく兄妹そろってお祝い。

急きょの招集だったので、
あわてて買いに行ったケーキ屋さんに残っていた唯一のホール。
フルーツたっぷりのタルト。

いくつになっても、子どもは子ども、という扱いになる。
もう、私たちのこと心配しなくていいよ、といってあげたいけど。
そうやって、気にかけているのが、人生の楽しみでもあるだろうと思うと、
子どもは子どもらしくしてあげるのも、親孝行なのかと思う。

一瞬で自分を変える

結果を出す!
そのことにちゃんとこだわれているかなぁと思う。

一瞬で自分を変える

自己啓発系の読書が続いてます。
すっと理解できたり、
自分のこれからの行動や態度をうまく想像できたりするときと、
全くそうでない時とがある。

本からの情報も、
自分なりの理解と取捨選択が問われていると思う。
ちょっと、溢れてる感があって、そう思う。

ペースも大切。何ごともね。

貧血ではないけど

コーヒー屋さんの近くで献血やってたので、
ふらりと寄ってみるけど、血が薄くてNG。
またしても。

っていうか、そろそろ献血はできないと納得するべき?

貧血ではないけど

エイズの検査目的での献血はご遠慮くださいっていわれてますが、
実は、私、とある項目の血液検査が、大方の目的だったりします。

夏の朝ごはん

少しのんびりの朝。
暑い朝のひんやり冷たい朝ごはん。

夏の朝ごはん

ひとり飲み

深夜におうちでひとり飲み。
お友だちからおみやげにいただきながら、
なかなか機会なかった、今日ようやく。

楽しく飲むのもいいけど、
ひとりでいろんなこと考えながらも、それはそれで。

ひとり飲み

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ